FC2ブログ

イギリス人の夕食と、欠かせない夜散歩~スコットランド⑩

 John夫妻との共同生活@スコットランドは、
まずはエディンバラの4泊からスタートした
わけですが、その間、ほぼ毎日、
レストランには行かずに、一緒に夕飯を作りました。

scotland55.jpg 

といっても簡単なものですが、
やはりそこはイギリス人らしく、
オーツビスケットとサーモンで軽く前菜を
ワインと食べながら居間でゆっくり。

それからオーブンに入れてた鶏肉料理などと
ダイニングで頂き、サラダなども ゆっくりと食べたら、
最後はデザート。
必ずキチンと3コースです。

edingburgh1.jpg 

1時間はかかります。

でもデザートは、フルーツと生クリームなど、
簡単なものが多いです。
アップルクランブルなど。

そして!明るいイギリスの夏。
ここからまた出かけるのです。

散歩だったり、コンサートだったり。

「いやぁ、娘も今日は歩いたし、
疲れてるからやめておくわ〜」といっても、

「ほんの20分よ!食べたものを消化しなきゃ!」

と出かけて歩くこと1時間半…(笑

edingburgh2.jpg 





そんな毎日でしたが、夜景も見れたり、
思いがけないパフォーマンスを見れたり、
自分では行かない小道を案内してもらったり、
なかなか楽しかったです。

edingburgh4.jpg 

そうして、毎日倒れるようにベッドに寝ていました!

旅は全力なのです。







是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>
関連記事

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プチ・シュー

Author:プチ・シュー
お菓子研究家 * 貿易会社勤務を経て渡仏。パリで製菓・製パンのディプロムを取得し、一流パティシエに師事し研鑽を積む。
帰国後「お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir ル・プティ・プレジール」を主宰。 ”お菓子でつなぐ、小さな幸せ"をモットーに、作りやすくて確かなレシピが学べるレッスン。
初心者でも作れる華やかで洗練されたお菓子とテーブルスタイリングが人気。

BLOG: http://lpplaisir.blog.fc2.com/

FB : https://www.facebook.com/junko.inamura.7

Instagram: https://www.instagram.com/le_petit_plaisir/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
ブログ村ランキングN
検索フォーム
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ごあいさつ
お菓子のアトリエ 
ル・プティ・プレジールの

いなむら 純子です❣

おひとり1台のケーキを作り
テーブルコーディネートや、
スペシャルなティータイムを
お楽しみ頂くレッスンです

フランス菓子・イギリス菓子を
ベースに、
ル・プティ・プレジール
のスタイルで 伝統のお菓子を
美味しく、簡単に、
そして美しく、
変換したレシピが人気です。

日常の中の特別なティータイムを
ご自分で是非楽しんで頂きたい、 そう思っています。

クスパのサイト(文中リンク)か、
HPのお問合せ等

から、ご連絡下さいね!

初心者の方、単発ご希望の方
大歓迎です♪
空席等は、ブログやSNSにて

❁マカロン・マスターコース
(ディプロマ付き)
❁ブリティッシュ・アフタヌーンティー・コース
(紅茶とイギリス菓子のコース/ディプロマ付き)


も好評レッスン中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク