FC2ブログ

スコットランドの切っても切れない、大事な食材~⑥

 スコットランドでは(イギリスではと言った方がいいのかも?)
大麦(オーツ麦)Oats はとてもよく食されます。
朝食にはもちろん、デザートに入れたり、
パンに入っていたり、スープにお料理に。

そのオーツは、スコットランドの大地の味ともいえます。
オーツケーキOatscakeとして、
前菜にサーモンと合わせれば、ぴったりの相性。

Oatcakes.jpg 
(by Wikipedia)

スコットランドのスープ料理にも、
オーツ麦を入れるものが多いです。

scotland50.jpg 

こんな風に売られていたり。

scotland51.jpg 

B&B(ベッド&ブレックファースト)でも、
オーツは欠かせません。

そうそう、スコットランドの朝食と言えば、
ブラックプディングは有名!ですが、
なんと黒いソーセージを豚の血で固めたもの。。。
ちょっとこれはパスさせて頂きました💦
↓一番上の、真っ黒のもの不気味な・・・
blackpudding.jpg 
(BBC FOOD より)

けれど、似たようなイギリスの朝食で違うのは、
ポテトスコーンがつくこと。
お皿の左上、扇形の平たいものです。

スコーンと言いつつ、パンケーキのよう。
見た目はどうということもないですが、
カリッとパリッと表面が焼けていて、
中は意外にもふんわりと美味しく、
なかなか美味しいのです。

スコットランドのパン屋さんにも
ポテトスコーンが売られていましたよ!

scotland48.jpg  

そうそう、スコーンも発祥はスコットランド。
様々な種類のスコーンがパンやさんに売られていて
びっくりしました!

もともとは、グリドルと呼ばれるもので、
大きくフラットに焼いて、三角にカットしたそう。

BannockBeremeal.jpg 
(By Wikipedia)

今ではこの形のものは、バノックBannock と
呼ばれることが多いとか。

バノックというのもスコットランド、特にハイランド
で見られるそうですが、
私たちのいたロッジあたりは、小さな商店が1軒など
あるだけで、そこにはいわゆる大手の工場生産の
パンしか売っていませんでした💦

バノックは、大麦にオーツ、水・バターミルク、塩
時にエンドウマメの粉も入れて作るのだとか。
地域によって違い、ドライフルーツを入れるものも。
昔は入れなかったそうですが、今はベーキングパウダーや
イーストを使うものが主流なんだそうです。

きっととてもシンプルな、主食の代わりだったのでしょうね。

バノックは見つけれませんでしたが、
クランペットCumpetが面白い形で
売られているのも見つけました!

scotland49.jpg 

(クランペットについての記事はこちら★
綺麗に家庭で作るのに試行錯誤したけれど、
これでもいいんですね(笑)

クラナハンというスコットランド伝統の
デザートも、パフェのようなもののようで、
スコットランドの代表デザート!
・・・だそうですが、全然見つけられませんでした💦

B&Bの宿のオーナー夫人に聞いてみると、

「もちろん知ってるわよ!
でも、確かに、レストランにはないでしょうねぇ、
この村にも。
私も作ったことないわ。
子どものころに家で食べたってことも無いんだけど、
そうねぇ、、、どこかのカフェ・・かしらねぇ?
あぁ、レシピは私も持っているわよ!」

とのことで、詳しく聞いてきました~♪
レシピも頂き、ルンルン。
味見は出来ませんでしたが、
作ってみようと思います(笑)
といっても、とーっても簡単な
クリームとラズベリーのデザート。

パフェのように作るのですが、
ポイントは、スコッチ・ウィスキーを
クリームに入れることだそうですよ!

ただ、先日見つけた、1946年出版の
レシピ本に寄れば、

scotland46.jpg

こちらでレストランのデザートに
よく見かけるチーズケーキも、
ウィスキー入りがお決まりのようでした。

scotland52.jpg 
(マーマレードだって、ウィスキー入り!
そう言えば、マーマレードも、スコットランド発祥)

色々な土地のものを知っていくことは、
旅の一番の楽しみです!

scotland53.jpg 
(スコットランドのウィスキーの蒸留所)

今日こそは短く書こうと思いながら、
長くなりました。

でも、まだまだ!!新しいものを
ご紹介していきますからね~!


是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>
関連記事

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プチ・シュー

Author:プチ・シュー
お菓子研究家 * 貿易会社勤務を経て渡仏。パリで製菓・製パンのディプロムを取得し、一流パティシエに師事し研鑽を積む。
帰国後「お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir ル・プティ・プレジール」を主宰。 ”お菓子でつなぐ、小さな幸せ"をモットーに、作りやすくて確かなレシピが学べるレッスン。
初心者でも作れる華やかで洗練されたお菓子とテーブルスタイリングが人気。

BLOG: http://lpplaisir.blog.fc2.com/

FB : https://www.facebook.com/junko.inamura.7

Instagram: https://www.instagram.com/le_petit_plaisir/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
ブログ村ランキングN
検索フォーム
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ごあいさつ
お菓子のアトリエ 
ル・プティ・プレジールの

いなむら 純子です❣

おひとり1台のケーキを作り
テーブルコーディネートや、
スペシャルなティータイムを
お楽しみ頂くレッスンです

フランス菓子・イギリス菓子を
ベースに、
ル・プティ・プレジール
のスタイルで 伝統のお菓子を
美味しく、簡単に、
そして美しく、
変換したレシピが人気です。

日常の中の特別なティータイムを
ご自分で是非楽しんで頂きたい、 そう思っています。

クスパのサイト(文中リンク)か、
HPのお問合せ等

から、ご連絡下さいね!

初心者の方、単発ご希望の方
大歓迎です♪
空席等は、ブログやSNSにて

❁マカロン・マスターコース
(ディプロマ付き)
❁ブリティッシュ・アフタヌーンティー・コース
(紅茶とイギリス菓子のコース/ディプロマ付き)


も好評レッスン中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク