FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2018.08.29 08:20|イギリスの旅行
 John夫妻との共同生活@スコットランドは、
まずはエディンバラの4泊からスタートした
わけですが、その間、ほぼ毎日、
レストランには行かずに、一緒に夕飯を作りました。

scotland55.jpg 

といっても簡単なものですが、
やはりそこはイギリス人らしく、
オーツビスケットとサーモンで軽く前菜を
ワインと食べながら居間でゆっくり。

それからオーブンに入れてた鶏肉料理などと
ダイニングで頂き、サラダなども ゆっくりと食べたら、
最後はデザート。
必ずキチンと3コースです。

edingburgh1.jpg 

1時間はかかります。

でもデザートは、フルーツと生クリームなど、
簡単なものが多いです。
アップルクランブルなど。

そして!明るいイギリスの夏。
ここからまた出かけるのです。

散歩だったり、コンサートだったり。

「いやぁ、娘も今日は歩いたし、
疲れてるからやめておくわ〜」といっても、

「ほんの20分よ!食べたものを消化しなきゃ!」

と出かけて歩くこと1時間半…(笑

edingburgh2.jpg 





そんな毎日でしたが、夜景も見れたり、
思いがけないパフォーマンスを見れたり、
自分では行かない小道を案内してもらったり、
なかなか楽しかったです。

edingburgh4.jpg 

そうして、毎日倒れるようにベッドに寝ていました!

旅は全力なのです。







是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

tag:スコットランド エディンバラ イギリス旅行 フリンジ ミリタリータトゥ オックスフォード イギリス お菓子教室 お菓子

2018.08.27 09:20|イギリスの旅行
そういえば、スコットランドの旅の
最初の4日間は、エディンバラに泊まりましたが、
その時のことを、フェイスブックのみで、
こちらにアップしていませんでした。

エディンバラで、泊ったのは、友人宅。
それが、レトロ感満載で驚いたというお話。

scotland59.jpg 
(え? 昭和?? なキッチン)

イギリ・オックスフォードから、
車で スコットランドまで北上しました。
途中、湖水地方に寄ろうと朝早く出たのに、
事故渋滞がひどく、 結局ダイレクトに向かうも
10時間かかりました💦

scotland55.jpg 

やっぱり遠い! 一緒に旅するご夫妻は、
先にスコットランド入り。

ご夫妻のご友人のセカンドハウスに滞在…
との事だったのですが、これが、街のど真ん中。
エディンバラ城もすぐそこの中心部。

scotland58.jpg 
(窓から見える、丘の上のエディンバラ城)

なのに、5ベッドルームもある豪邸😳

しかし、レトロ感が満載のその御宅に
ややカルチャーショック気味 (笑)

scotland56.jpg 

なんだか、20年ぐらい時が止まったような お宅で。

1990年代のカレンダーが飾られていたり、
あっちもこっちも本や、ものにあふれて・・・。

scotland61.jpg 

でも、毎日ホコリまみれの本棚を覗いて
見ていると、ありました〜✨
スコットランドのレシピ集。

scotland54.jpg 

なんと、出版は、1946年です‼️😳

エディンバラのボタニックガーデンを
この後 訪れたのですが、そこで頂いた
ジンジャーブレッドも
そこにエディンバラ・ジンジャーブレッド
Edinburgh Gingerbread として レシピが
載っていました❣️

scotland57.jpg 

この本、最高です。 しばらく熟読しましたので、
日本にて何か紹介出来たらいいなと 思っています😉

scotland60.jpg 



この、18世紀のまま止まったような御宅に、
Wi-Fiがあったのが嬉しかった😆



是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

tag:スコットランド イギリス旅行 エディンバラ オックスフォード イギリス お菓子教室 お菓子 焼き菓子 マカロン

2018.08.26 07:02|イギリスの旅行
イギリスを代表するお菓子のひとつ、
ファッジFudge

Fudge3.jpg 

アメリカやオーストラリアでも見かけますが、
発祥はイギリス。

イギリス人も大好きなお菓子で、ファッジやさんは、
どの街にいっても、ファッジ専門店として、
様々なフレーバーがずらりと並び、
いたるところにそんな店がある気がします。

もちろんスーパーでも売られていますし、
何度も試しているのですが、
とにかく、一言、「甘い~っ!」
倒れそうに甘い。

なので、ファッジやはいつも通り過ぎ、
お祭りなどで、ファッジを見つけても、
わぁ!と写真は撮りますが、
通り過ぎ・・・。

Fudge1.jpg 

でも、スコットランドのエディンバラで、
ホリルード宮殿に向かう途中の、
ロイヤル・マイル通りで、ひときわ賑わい、
美味しいそうな佇まいに、ピピっと!
私のアンテナが(笑)

時間がおしていたのですが、入ってみると、
色もカラフルで、レモンメレンゲパイや、
ストロベリークリームなど、
なんとも美味しそうな名前。

Fudge6.jpg 

試食に小さく小さくカットしてあったものを
頂いてみると、「美味しい!!」

そのクリーミーな美味しさに、思わず色々
買いました♪

Fudge2.jpg 
(上から、レモンメレンゲパイ
ヘーゼルナッツ・ショコラ
ピスタチオ・ホワイトチョコレート
ラムレーズン
ストロベリークリーム)


甘いのは甘いのですが、
その試食の時のように、小さな1.5cm角
ぐらいの角砂糖のようにカットして、
紅茶と頂くと、最高に美味しい。

しかも、ドライの苺がゴロゴロ入っていたり、
レモンの果汁の香りが口中に広がったりと、
今までで一番美味しいファッジでした!

ちなみにファッジとは、砂糖・牛乳・練乳・
バター・を煮詰めて固めるもの。
しっとりしているのに、ホロっと崩れ、
口の中でとろけるのが特徴。

材料を良いものを使い、
また味ごとに、レモンやナッツや、お酒などを
絶妙にブレンドしているのが、
このお店の美味しさの秘訣なのかもしれません。

特に乳製品の美味しさが、とても
伝わってくる味でした!

Fudge5.jpg 

HPを見ると、3代続く、エディンバラの
有名なファッジ屋のようですが、他に店舗はなく、
ここだけのようです。

私のお勧めは、

レモンメレンゲパイと、
ストロベリークリームと、
ラムレーズンです!

今まで無理・・・と思っていた方も、このお店で
是非試して頂きたい。

一番観光客が通る、賑やかな通り沿いにありますので、
是非寄ってみて下さいね!

オンラインショップもありますよ♪

甘すぎると今まで、ファッジは嫌いだった家族も、
すっかり好きになってしまい、
3人で取り合いになるほどでした!



是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

2018.08.25 20:03|イギリスの旅行
 スコットランドでは(イギリスではと言った方がいいのかも?)
大麦(オーツ麦)Oats はとてもよく食されます。
朝食にはもちろん、デザートに入れたり、
パンに入っていたり、スープにお料理に。

そのオーツは、スコットランドの大地の味ともいえます。
オーツケーキOatscakeとして、
前菜にサーモンと合わせれば、ぴったりの相性。

Oatcakes.jpg 
(by Wikipedia)

スコットランドのスープ料理にも、
オーツ麦を入れるものが多いです。

scotland50.jpg 

こんな風に売られていたり。

scotland51.jpg 

B&B(ベッド&ブレックファースト)でも、
オーツは欠かせません。

そうそう、スコットランドの朝食と言えば、
ブラックプディングは有名!ですが、
なんと黒いソーセージを豚の血で固めたもの。。。
ちょっとこれはパスさせて頂きました💦
↓一番上の、真っ黒のもの不気味な・・・
blackpudding.jpg 
(BBC FOOD より)

けれど、似たようなイギリスの朝食で違うのは、
ポテトスコーンがつくこと。
お皿の左上、扇形の平たいものです。

スコーンと言いつつ、パンケーキのよう。
見た目はどうということもないですが、
カリッとパリッと表面が焼けていて、
中は意外にもふんわりと美味しく、
なかなか美味しいのです。

スコットランドのパン屋さんにも
ポテトスコーンが売られていましたよ!

scotland48.jpg  

そうそう、スコーンも発祥はスコットランド。
様々な種類のスコーンがパンやさんに売られていて
びっくりしました!

もともとは、グリドルと呼ばれるもので、
大きくフラットに焼いて、三角にカットしたそう。

BannockBeremeal.jpg 
(By Wikipedia)

今ではこの形のものは、バノックBannock と
呼ばれることが多いとか。

バノックというのもスコットランド、特にハイランド
で見られるそうですが、
私たちのいたロッジあたりは、小さな商店が1軒など
あるだけで、そこにはいわゆる大手の工場生産の
パンしか売っていませんでした💦

バノックは、大麦にオーツ、水・バターミルク、塩
時にエンドウマメの粉も入れて作るのだとか。
地域によって違い、ドライフルーツを入れるものも。
昔は入れなかったそうですが、今はベーキングパウダーや
イーストを使うものが主流なんだそうです。

きっととてもシンプルな、主食の代わりだったのでしょうね。

バノックは見つけれませんでしたが、
クランペットCumpetが面白い形で
売られているのも見つけました!

scotland49.jpg 

(クランペットについての記事はこちら★
綺麗に家庭で作るのに試行錯誤したけれど、
これでもいいんですね(笑)

クラナハンというスコットランド伝統の
デザートも、パフェのようなもののようで、
スコットランドの代表デザート!
・・・だそうですが、全然見つけられませんでした💦

B&Bの宿のオーナー夫人に聞いてみると、

「もちろん知ってるわよ!
でも、確かに、レストランにはないでしょうねぇ、
この村にも。
私も作ったことないわ。
子どものころに家で食べたってことも無いんだけど、
そうねぇ、、、どこかのカフェ・・かしらねぇ?
あぁ、レシピは私も持っているわよ!」

とのことで、詳しく聞いてきました~♪
レシピも頂き、ルンルン。
味見は出来ませんでしたが、
作ってみようと思います(笑)
といっても、とーっても簡単な
クリームとラズベリーのデザート。

パフェのように作るのですが、
ポイントは、スコッチ・ウィスキーを
クリームに入れることだそうですよ!

ただ、先日見つけた、1946年出版の
レシピ本に寄れば、

scotland46.jpg

こちらでレストランのデザートに
よく見かけるチーズケーキも、
ウィスキー入りがお決まりのようでした。

scotland52.jpg 
(マーマレードだって、ウィスキー入り!
そう言えば、マーマレードも、スコットランド発祥)

色々な土地のものを知っていくことは、
旅の一番の楽しみです!

scotland53.jpg 
(スコットランドのウィスキーの蒸留所)

今日こそは短く書こうと思いながら、
長くなりました。

でも、まだまだ!!新しいものを
ご紹介していきますからね~!


是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

tag:スコットランド ハイランド イギリス料理 スコットランド料理 旅情報 オックスフォード イギリス お菓子教室 お菓子 焼き菓子

2018.08.24 21:25|イギリスの旅行
高山合宿のようだった、スコットランドの最北、
ハイランド地方・カイレスクKylesku での旅は、
朝はいつもゆっくり始まります。

scotland39.jpg 

イギリス人夫妻も朝はのんびり。
それぞれにパンやシリアルを頂いたら、

「天気が今日も悪いわねぇ」
と言いながら、サンドイッチを一緒に作り始めます。
スコットランドはいつも天気が悪いのですが、
強く雨が降ったと思ったら、明るい曇りになり、
晴れ間も出来てて、良かった~♪と思ったら、
また雨がしとしと・・・と繰り返し。

なので、天気が悪いから今日はロッジでのんびり・・・
とならず、それでも出かけるのです。
たっぷりの紅茶を水筒に作り、
牛乳までもって、 サンドイッチに、
チョコレートなどのおやつも 持って、
トレッキングシューズに、防寒具、 雨除けのズボン
なども用意して出かけます!

scotland42.jpg 

日が陰ると、急激に温度が下がるので、防寒具は必須。
そして、アナログの地図を見ながら、
 
「上に車で上がっていくと、この辺から
トレッキングルートが あるな。
裏に回ると、そびえたつ〇〇山があるから、
景色もいいぞ!そこに今日は行こう。
このルートだと、片道2時間ぐらいかな」

と言った感じで決めます。

scotland41.jpg  

大体その近くには車を止められるスペースがあり、
そこからスタート!

scotland37.jpg 

表示もあり、道も出来ているので
(泥道だったりしますが)大丈夫。

そうすると滝があったり、見晴らしがよかったり。

scotland40.jpg 

ある時は、ふっと寄った海岸でお茶をしようと降りたら、
シダー(イギリス人の奥様)が丘の上にどんどん上り、
反対側を眺めに行くと、
「反対側にはビーチがあるわよ!!」
と興奮気味に降りてきて。

それは行かなくては!と向かってみると、
絶景の誰もいないビーチが広がっていました。
scotland44.jpg 

あまりに美しくて、みんなで砂浜で立ち尽くしていました。

レオナルドディカプリオの「ザ・ビーチ」に出てきた
秘境の海岸を思い出してしまいました。

scotland45.jpg 

こんな風に嬉しい出会いと絶景があちこちにある
スコットランドの中のハイランド地方。

scotland43.jpg 

Kyleskuのロッジから、車で1時間ぐらい走らせては
あちらにこちらへとハイキング(登山?!)をし、

夜はKylesku 周辺のナイト・ハイキング(笑)
(夜は22時ごろまで明るいのです)

scotland42.jpg 

良く食べ、良く歩いて、すこぶる体調の良かった私でした。

scotland_map.jpg 



是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

tag:スコットランド ハイランド イギリス旅行 Kylesku 海外 オックスフォード イギリス お菓子教室 お菓子 焼き菓子

09 | 2018/10 | 11
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

プチ・シュー

Author:プチ・シュー
お菓子研究家 ★ 貿易会社勤務を経て渡仏。パリで製菓・製パンのディプロムを取得し、一流パティシエに師事し研鑽を積む。
帰国後「お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir」を主宰。初心者でも作れる華やかで洗練されたお菓子とテーブルスタイリングが人気。

HP:
http://www.le-petit-plaisir.com/
以前のブログ:
http://le-plaisir.blog.so-net.ne.jp/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日本ブログ村パーツ

Le Petit Plaisir お菓子教室 ル・プティ・プレジール
↑ 体験レッスンにお気軽にお越しくださいね!詳細はこちらのバナーをクリック☆HPへ ↑

おうちPatisserie協会
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

cotta プレミアムメンバー
↑良かったらのぞいて見てね!↑

貿易会社勤務を経て渡仏。パリで製菓・製パンのディプロムを取得し、一流パティシエに師事し研鑽を積む。 帰国後「お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir」を主宰。初心者でも作れる華やかで洗練されたお菓子とテーブルスタイリングが人気。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...