FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2018.08.05 23:54|イギリスの旅行
 明日より、イギリスの北の大地、スコットランド
2週間ほど旅行に行ってきます!

忙しい主人を置いて、プチ子と二人で旅行するはず
だったのですが、、、、
スコットランド出身の、主人の上司(イギリス人)に
「一緒にスコットランドを旅行しよう!任せろ!」
と意気揚々と言われ、断れず(笑)

期間まで伸びて、2週間にまで・・・!

oxford201808b.jpg 

その道では、有名なそれはそれは偉大な方で、
その方のもとに来れただけでも主人はラッキーだね
と言っていたのですが、
さらにとても気さくなご夫妻で、何かと
良くしてくださるのです。

今回も旅はすべて、アレンジしてくださり・・・

エジンバラにて、色々滞在してみた後は、
さらに北の海岸沿い、
雄大な景色にある、ロッジに滞在して、
ハイキング(いや、日本人にはきっと登山💦)
やら楽しむ予定ですが、自然の中すぎて、
Wi-Fiも通じなそうです(*_*;

oxford201808c.jpg 
(あちこち買い出しで出かけた
今日のオックスフォード

ご夫婦との共同生活にもなるので、
どうなることか、不安もありますが、
楽しんできます!
英語オンリーの生活も頑張ります(笑)

「日本食も宜しく、材料等が必要なら持って来て!」
とのことで、あれもこれも詰め込み、
荷物も大変なことになっています。

FBなどで、素敵な景色等、アップ出来たら
していきますね。

oxford201808a.jpg 

皆様も、よい夏休みをお過ごしくださいね!


是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報

tag:イギリス駐在 海外情報 スコットランド オックスフォード イギリス お菓子教室 お菓子 焼き菓子 マカロン

2018.07.22 19:08|イギリスの旅行
 Brighton(ブライトン)への旅の2日目、
感動的な場所に向かったのは、
車で1時間弱、
セブン・シスターズ
Seven sisters


sevensisters8.jpg 

海に切り立つ、真っ白な崖です!
ほとんどノープランで来たブライトンの旅、
ネットで調べて、この風景を見てすぐに
「ここに行こう!」
オックスフォードの我が家とは逆方向
ながら、向かいました。
駐車場があったので、そこが目的地。

ところが、、、そこに着いてみると、
人が多くいましたが、小さな看板があり、
お勧めルートがいくつか。
見るとどこまでも広い土地、土地、、、
一体どれぐらいの時間がかかるのか、
全く分からず、携帯も圏外・・・。 

後で、ビジターセンターも道路の向こう側に
あることに気づいたので、聞けば良かったの
ですが、どんどん向かう人々に、
「行ってみよう!」
と向かうことに。

sevensisters5.jpg 

羊があちこちに「メェ~~」と鳴いていて、
右も左も、なだらかな丘陵や草原が広がります。

川も流れ、水のきれいなこと!

sevensisters6.jpg 

平坦の道を歩くこと30分。

sevensisters3.jpg 

湿地のような場所に着き、どんどん
見えてきました!

sevensisters7.jpg 

何も調べなかったものの、この時は一番の引き潮。
なので、端まで行くことができましたが、
満潮でしたら、下からは見えにくいかもしれません。

sevensisters2.jpg 

もっとハードなルートを取れば、
トップまで行き、崖の端までも行くことが出来ますが、
柵も何もなく、
「崖は不安定で、崖崩れも起きています。
くれぐれも気を付けて、端まで行かないでください」
との看板があるだけです。

sevensisters8.jpg 

実際、悲しい事故も起きているのです。
それでも、行きたいところへ行く自由を尊重し、
逆に事故はあくまで自己責任というイギリス
とても日本との違いを感じます。

この石灰質の真っ白な崖は、船で航海していた
時代に、この白く続く海岸が見えると、
イギリスに戻ってきた!」
と喜ぶ、郷愁の風景だったとか。

sevensisters1.jpg 

尖った尾根が、魔女の帽子を被った7人の女性に
見えたことからこの名がついたそうです。

平坦なハイキングですので、是非訪れてみて
下さいね!




是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報

tag:イギリス ロンドン郊外 ロンドン日帰り旅行 セブンシスターズ 海外 オックスフォード お菓子教室 お菓子 焼き菓子 マカロン

2018.07.21 08:27|イギリスの旅行
イギリスはロンドンから南へ、
海沿いの街、ブライトンbrightonへ
1泊旅行に行ってきました♬

brighton6.jpeg 

主人の仕事にくっついて、ついでにお邪魔。
海流の影響で、オックスフォードより
3℃ほどさらに涼しく、冬は温暖なのだとか。
綺麗な海岸に、オシャレなショップが立ち並ぶ
エリアもあり、ロンドンから1時間もかからない
立地の良さもあって、セレブも移り住むとか?!

この日はあいにくの曇りでしたが、
おかげで、カーディガンがないと寒いぐらい。

主人を待ち合わせ場所に下ろしたら、車で
海辺へGO!

海辺のレストランでまずは美味しいランチ。
Hilton Hotel の"The Salt Room”

brighton4.jpeg 

美しいココナッツのパンナコッタとラズベリーの
デザートプレート!
目にも嬉しい、ブライトンの人気が凝縮された
ような一皿。

胸がブライトンへの期待いっぱいになりながら、
個性的なショップが立ち並ぶエリア
North Lane ノース・レーンへお散歩。

brighton7.jpeg 

あっちへ、こっちへ曲がっても、色々なお店があり、
眺めるだけで楽しい!
どこにでもあるような、フランチャイズのお店じゃない
というのが、なんとも嬉しいですよね。

brighton5.jpeg 

どんなお店があるかといえば、
古い古い、本屋さんがあったり、
(地下への階段がまたレトロ!)

brighton2.jpeg 

面白い雑貨屋さんは、娘と二人で全部のぞき、
変わったところでは、ガラスのボトルにずらっと並べられた
オリジナルの香水が作れるお店。
その名も、 "ビーガン・パフューム"
#ビーガン と名のつくところがイギリスらしい。

そんなエリアに突然現れる、宮殿、
ロイヤル・パビリオン
Royal pavilionは、
ジョージ4世によって、200年前に建てられたのですが、
見た目から分かるように、インドや中国の影響を多分に
受けた、とてもエキゾチックな珍しい宮殿です!

brighton1.jpeg 

中の中国的な装飾のお部屋も、龍にヘビにと、
とても豪華で、フランスやイギリスの宮殿ばかりを
見てきた私たちには、とっても新鮮で興味深い
宮殿でした!

これは是非訪れて下さいね。(☞☆website)

日本で言えば、ブライトン
オシャレな湘南?葉山あたりでしょうか?
日本なら仕事にくっついていくことはないですが、
イギリスで1年だけとなれば、どこへでもついて
行きます(笑)
でも、オックスフォードから、2時間半ぐらい。
来て良かったです♬

brighton3.jpeg 

さらに、心から感動したのは、次の日で・・・
その話は、次回!


是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報

tag:イギリス ロンドン日帰り ロンドン郊外 イギリスのリゾート ブライトン 海外 オックスフォード お菓子教室 お菓子 焼き菓子

2018.07.18 19:02|イギリスの旅行
 しつこくダウントンアビーを巡る旅。
意外にもダウントンアビーファンがいて、
メッセージを頂くので、懲りずにアップします!

イギリスオックスフォード近くには、
まだまだロケ地があります。
車で15分、Witney ウィットニーという街に、
Cogges manor house 
コッゲス・マナー・ファーム
というところがあり、
イーディスが何度も自分の子どもを見に訪れた
あの農場があります。

そんなドラマのロケ地だと思わなくても、
ウィットニーの街のはずれのその農場は、
子どもを連れたファミリーの休日の
憩いの場のようになっていました。

cogges_manor_farm3.jpg 

入場料もあり、中は動物が居たり、
その昔ながらの農場がそのまま保存されていて
見学出来たり、カフェもあり、のんびりできる場所です。

周りには、こちらも古い教会があったり、
草原も広がっていて、ハイキングをしたり、
ピクニックをする場所も、このファームに入らなくても
楽しめるぐらい広がっています。

一度、ふらっと、ウィットニーという街はどんな
感じかな~と冬に遊びに来たことがあり、
その時に、そのロケ地だと知りました。
ただ、冬は寒すぎて閉まっていまして、、、
春夏のみのオープンなので、お間違えの無いように。

cogges_manor_farm1.jpg 

小さなお子さんがいらっしゃる方は、休日に
ふらりと遊びに行くには楽しい場所だと思います!
私は色々思い出しながら、静かに嬉しさに浸りました(笑)
『あ!これは、あのシーンそのままの…!』

cogges_manor_farm4.jpg 

昔ながらの家が、そのまま残っている場所、
ということで、見るだけでもとても興味深いです。
ファームの中でも、マナーとつくぐらいなので、
大きな農場を抱えた一家だったのでしょう。
敷地内には、バターやチーズを作る場所も
残っていて、道具も色々残されています。

cogges_manor_farm2.jpg 

こうして、農場の片手間に、チーズや
バターを作るのが当時の姿だったのでしょうね。

まだ、近くに、ブランソンとシビルのゆかりの
村があるそうなのですが、とっても近いのに、
家族からは拒否(笑)ええ、そうでしょうね~
もちろん、私一人で行ってきます!



是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報

tag:イギリス ダウントンアビー ロケ地 ウィットニー おすすめ観光地 海外 オックスフォード お菓子教室 お菓子 焼き菓子

2018.07.16 08:22|イギリスの旅行
 イギリスで大人気だった、ダウントン・アビー。
このテレビドラマを見た方には、
たまらない!お話です。

第一次大戦あたりの時代を舞台とした
ある貴族の一族の話であるのですが、
これがお話の展開の面白さはもちろん、
イギリスの貴族がどういう暮らしをしていたか、
それを取り巻く使用人の世界と暮らしは
どのようであったかが、とても魅力的に
書かれているドラマなのです。

また、当時の生活や、村の様子、
貴族との関わりや、戦争・工業製品などの
暮らしの変化など、
時代背景がよく反映されていて、
歴史との関わりも面白い!

西洋史のお勉強をするより、よほど歴史が
頭に入ります(笑)

その舞台が、今でもカーナヴァン家が住む、
ハイクレア・キャッスル

highclere_catsle2.jpeg 

もうこのシーンはおなじみ。
ここに立つだけで、嬉しさがこみ上げます。
highclere_catsle3.jpeg 
この華美な装飾ではないのに、凛とした美しさは
中も同じ。
一流のものが、細部に渡って積み上げられていて、
どこをとっても本物の美しさがあふれています。

それが、今でも使われている住まいであるということに
驚きます。300年もの歴史を経て、守られてきたお城。
highclere_catsle4.jpeg 
こういったお城は維持するのが大変で、手放して
しまったり、朽ちてしまうものが多かったと聞きます。
(その辺の苦労もドラマには描かれています)

残念ながら、中は撮影は禁止なのですが、
お庭もカフェも素晴らしい場所。
1000エーカーと言われる敷地の広さも
驚くスケールです。

highclere_catsle.jpg 

ドラマを見てない方にも是非行って欲しいお城です。
冬は公開はしていなく、完全予約制、
しかも、夏でも公開の日程が限られているので、
お気を付けくださいね。

ちょうど先日、ダウントンアビーの映画版が
製作が始まったとのニュースが報じられていました。

highclere_catsle1.jpeg 

今から楽しみです!

Highclere Catsle
ハイクレア・キャッスル


是非お子様や、
お友達のプレゼントに!(ღˇ◡ˇ)♡



クリック有難うございます!m(__)m
応援してくださってそれが励みです♪

インスタグラムも
お気軽にフォローしてくださいね。
↓ ↓ ↓

フェイスブックもフォローお待ちしています!
ブログの更新のお知らせが届きます♪

いなむら 純子 | 



お菓子と紅茶のプレシャスな時間。
大切な人に笑顔を。


お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir
ル・プティ・プレジールはこちら
ba_plaisir.jpg 
レッスンのお問い合わせ
HPは、こちらをクリック ↑↑↑


お待ちしています(^_-)-☆

いつもいつも応援有難う(^_^)>

テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報

tag:イギリス ダウントンアビー ハイクレア・キャッスル 海外 オックスフォード お菓子教室 お菓子 焼き菓子 マカロン

07 | 2018/08 | 09
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

プチ・シュー

Author:プチ・シュー
お菓子研究家 ★ 貿易会社勤務を経て渡仏。パリで製菓・製パンのディプロムを取得し、一流パティシエに師事し研鑽を積む。
帰国後「お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir」を主宰。初心者でも作れる華やかで洗練されたお菓子とテーブルスタイリングが人気。

HP:
http://www.le-petit-plaisir.com/
以前のブログ:
http://le-plaisir.blog.so-net.ne.jp/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日本ブログ村パーツ

Le Petit Plaisir お菓子教室 ル・プティ・プレジール
↑ 体験レッスンにお気軽にお越しくださいね!詳細はこちらのバナーをクリック☆HPへ ↑

おうちPatisserie協会
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

cotta プレミアムメンバー
↑良かったらのぞいて見てね!↑

貿易会社勤務を経て渡仏。パリで製菓・製パンのディプロムを取得し、一流パティシエに師事し研鑽を積む。 帰国後「お菓子のアトリエ Le Petit Plaisir」を主宰。初心者でも作れる華やかで洗練されたお菓子とテーブルスタイリングが人気。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...